男性器が大きい人と小さい人の違いとは

ペニス増大サプリは日本製が安心!本当に効果のあるおすすめ口コミ体験談!
男も驚くデカマラに!

■男性器が小さい原因

男性器が大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

●そもそもの体質

男性器が小さい一番の原因と言われているのは生まれつきと言われています。

「生まれ持った体質」というと、背の高さのようにどうすることもできないんじゃないかと思うかもしれませんが、実はそれは全然違います。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません、男性器の成長に必要な栄養素を継続的に摂取することにより男性器増大を実現することができます。

●下半身の筋肉不足

下腹部の筋肉が弱い人や太っていておなかが出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は下腹部から男性器につながっている筋力が不足していることです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起するときは海面体細胞が血液を吸収して膨張することにより勃起状態になります。筋肉が緊張して大きくなって男性器をつり上げて反り返るような形になるのが勃起状態といわれている状態です。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

男性器を構成しているPC筋などの筋肉を鍛えることにより、下腹部の脂肪分を減らして、男性器をそそりたつギンギン男性器にすることができるのです。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

年齢が若い頃は亀頭に皮が被っているのは普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなるにつれて自然と皮がむけて普通の大人の男性器になるようになります。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

仮性包茎:通常時は亀頭に皮が半分くらいかぶっている。勃起すると完全にむける。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮がかぶっている包茎状態というのは、亀頭に皮が被っている状態なので、男性器増大にはマイナスということです。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。